犬を飼おうと思ったら

飼い主と動物

生まれ持った性質を重視

犬を飼いたいと思って子犬選びから始める人がほとんどでしょうが、欲しい犬種の子犬がどの子もすべて同じではありません。例えば顔立ちや被毛の色、サイズなどを基準にして選ぶ方も多いのですが、実はそれよりも大事なポイントがあるのです。それは子犬も人間と同じようにそれぞれの個体により性格が違うので、選ぶ子によってしつけのしかたが大きく変わってしまうのです。子犬も明るくて人なつっこい子や引っ込み思案でおとなしい子がいますが、初めて犬を飼う方は明るい子をおすすめします。なぜなら明るい子は誰にでも懐きやすく、しつけがしやすい傾向にあるからです。反対におとなしい子には賢い子が多いのですが、極度に人や物音を怖がり噛み癖や吠え癖のある子に育つこともあります。こうなってしまうとなかなか個人での矯正は難しくしつけにも苦労する場合が多いのです。また、初めて犬を飼う場合にはペットショップよりブリーダーから購入する方がよいでしょう。ブリーダーはプロですからそれぞれの犬の特徴をよく把握しているだけでなく、それぞれの子犬の性格もしっかり把握しています。ですから飼いやすくしつけのしやすい子を選んでくれるはずなので安心して飼うことができるでしょう。犬の気質は両親から受け継がれることが多いので、ブリーダーから直接購入するかブリーダーがはっきりしているペットショップから購入する方が、後々しつけの際に苦労せずにすむことが多いのです。